読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

稲川、就活辞めたってよ。

就活辞めた大学4年生が好きなこと語る無責任なブログだよ

僕がアフリカにハマる理由。普通の大学生が3度もアフリカに行ったワケとは、、

 僕がアフリカにハマる理由。

 

※この記事は自身が代表を務める学生団体ASANTE-PROJECTのホームページでも掲載しております。

 

僕は大学入学後さまざまな国を旅してきました。

 

日本とまるっきり違う環境を求めて主に途上国を回っています。

 

金銭的そして時間的制約を考慮し、一度行った国はまだリピートしていません。

その余裕があるあら、もっと色んな国に行きたいなって。

 

そんな僕がリピートしてしまった唯一の国、

 

それがアフリカ(タンザニア)なのです。

 

しかも通算で3回もww

(2017,4月現在)

 

 

なぜそこまでアフリカにハマるのか、、、

 

 

本日はその理由の一つをご紹介します!!

 

 

f:id:kh4mwaseda:20170507160433j:plain

 

①超ウルトラギガントフレンドリーピーポー

 

タンザニアの人々はほんっとにフレンドリー。
言い方を変えれば、馴れ馴れしい。笑

 

空港に降り立った瞬間、ニヤニヤしたおっさんが「マンボ!」←現地の挨拶

俺「お、おぉ!」

 

めちゃくちゃ陽気ですぐに絡んでくる。

でもそれが好きな人にはたまらない。

 

This is out side of Japan!!!

て感じがするから。

 

ある日、タンザニア人の友人に誘われ飲み屋にいった。

飲み屋と言っても、カウンター数席とテーブルが1つの小さな薄暗いバー。

 

カウンターには男たち。
テーブルには若い女の子たち。

 

しばらくコニャギ(現地の酒)をコーラで割ってグラスを傾けていると、なにやら催し物が始まった。

ケーキが運ばれてきて、女の子の座るテーブルへ。

ケーキもまた真っ青な、いかにも人工着色万歳な感じ。

同席してた女友達がキャーキャー叫びだす。(ここは日本と変わらない笑)

 

そう。今日は彼女のバースデーパーリーだったのだ。

 

もちろん居合わせている全員は知り合い。

ここに連れてきた知り合いを睨む。

知り合い、ニヤける。

 

ハッピバースデートゥユゥー♪

 

全員が幸せな雰囲気に包まれ、歌声が響き渡るなか

そこに佇む気まずい日本人。

 

だが、とりあえず歌ってみる。

 

なんだこれ笑
名前も知らない外国人の誕生日会に交じるおれ。

それに違和感を微塵も感じない現地のクレイジーピーポー。

結局、気付いたらその女の子たちにケーキをアーンされる僕。

喜ぶ回りの現地人。

正直まんざらでもなかった。笑

 

とんでもない体験のようだけど、
あそこの国では当たり前。

 

人との距離がとても近くて、すぐに友達になっちゃう。

そんな陽気な暖かい文化。

 

もちろんフレンドリーすぎるデメリットもあると思うが、
それを感じさせない彼らの人柄。

 

東南アジアをバックパックして常々感じていた、「ビジネス感、媚びてくる感じ」

それをアフリカの彼らには感じなかった。

 

ただ、友達になりたい。
日本ってどんな国なの!?

 

てね。

それもが1つの好きな理由。

 

とりあえず、
あの日の恍惚な想い出と不味すぎるケーキの味は今でも忘れない。