稲川、就活辞めたってよ。

就活辞めたひねくれ者が好きなこと語る無責任なブログだよ

ひねくれ者の僕がクリスマスに占い(有料)受けたハナシ-日本の特殊な占い文化-

聖夜に渋谷で占い(3,000円)受けてきましたw

 

はい、今回は占いのハナシです!

 

この前のクリスマス12/25日に占いを受けてみたんです。

僕まったくそういうもの信じないんですけど、

一度は体験しなきゃなーと思い、、、

 

聖夜に渋谷で3,000円ちゃんと払ってww

 

あとね、スマホボイスレコーダーいれて録音しました~w

 

これ言ったら知り合いに

 

「ほんと性格わるいよね。」

 

って言われたんすけど心外ですねw

ハナからブログの題材にしようと思ってたんで単なる備忘録ですっ

(いいわけ)

 

ということで自分が実際に受けた内容はこんな感じ

 

場所:渋谷駅(徒歩5分くらい)

時間:12/25 20:00頃

料金:20分 3,000円

スタイル:手相占い、生年月日占い

占い内容:仕事運、恋愛運

占い師:かなり年配の男性の方

 

こんな感じですね!

 

んで、実際に受けてみた感想は

いったん置いといて、、

 

ちょっと日本の占い文化について話そうと思います。

 

 

日本の占い文化ってめっちゃ特別!大好きだけど信じない僕ら

f:id:kh4mwaseda:20180109202831p:plain

 

 

知ってました?

日本人ほどこんなに占い大好きな人種って珍しいんですよ!

 

こんだけテクノロジーが発達した先進国に

いまだに科学的根拠の無い占いが強く支持されている

とっても不思議な状態だと思うんです。

 

日本の占い市場は1兆円とも言われてて

 

毎朝ニュースには占い流れるし

占いサイト、占いアプリは大人気

あと女性誌に占いって必須ページですよね

 

 

僕も思春期には好きな子と自分の名前を

占いサイトに入れてニヤニヤしたりしてましたよ、、。

(食事中の方は申し訳ありません)

 

 

手相占い、人相占い、血液型占い、動物占い、星座占い、

タロット占い、姓名占い、風水占い、霊感占いに、、、、

 

大きく分けると「命術」「卜術(ぼくじゅつ)」「相術」

って3つに分かれるらしいのですが、、

 

 

要するにこんだけ多種多様なスタイルを受け入れて

ほぼ毎日触れている国民って珍しいんですよ。

 

なにが特殊かって、

 

 

みんな本気じゃないんです

 

 

どういうことかっていうと

 例えば韓国だと

結婚の日取りとか引っ越しの方角

などを決定するときに占いを利用するらしいんですよね。

 

西洋の友達は、

自らの星座が有する特性を「運命」だと信じてる。

 

 

 

でも日本の占いって完全に「エンタメ化」してて

 「信じないけど情報は受け取る」

ってスタンスなんですよね。

 

とっても面白い民族ですよね僕たちw

 

 

 

 中でも特に日本特有な占いがあること

みなさんご存知ですか?!

 

 

日本だから成立する血液型占い!

「blood type」の画像検索結果

 

はい、そうなんです。

 

「血液型占い」ってかなり日本固有なものなんです!

 

なんでかっていうと、

 

各血液型の比率の問題。

 

日本の血液型の割合は大体こんな感じ↓

「日本 血液型 割合」の画像検索結果

 

 

 

これをまず覚えてもらって、、、

 

次は世界の血液型分布!!

関連画像

 

 

はい、もうお分かりだと思うのですが、

 

 

日本ってめちゃめちゃバランス良いんです!

 

 

A型が多いというのは世界共通でなく、

地域によってはO型が多い地域もあるし、

南米ではほぼB型なんですよ!

(近年混血が進んで変わってきてはいるものの)

 

ただAB型が少ないことは世界共通でして、

世界平均4%

日本の9%でもかなり高いそうです。

AB型の人めっちゃレアです!

(ABのルーツはアイヌ民族に多い)

 

 

つまり、

4つの血液型で分けた占いがそもそも

成立しない国が結構あるんです。

 

 

もうひとつ世界で血液型占いが流行らない理由があって、、、

 

 

血液型(blood type)って

けっこうプライベートな話題なんですよ。

 

 

上の説明にあるように、

血液型って人種とか血筋とリンクするハナシなんで

かなりデリケートな話題なんですよね。

 

 

イギリスのBBCニュースでは

日本人が朝から血液型占いをテレビで放送していたり、

血液型で相性を判断したりすることについて、

「信じられない! 差別だ」と報道したこともあるくらいなんです。

 

 

なんで海外のお友達と話すときは

少し注意が必要かもね。

 

 

実際に受けて思ったこと。

「palmistry fortune teller」の画像検索結果

 

はい、ハナシは戻りまして、、、

 

僕が20分3,000円の占いを受けて思ったことは、、

 

 

あ、これメンタリズムと統計だw

 

 

ってことです。

統計って言ってもその占い師の経験的直観かな。

 

 

例えば、

 

占い師「あなたけっこう心配性?」

僕「はいそうです!」

 

って言うとその話を広げる。

んでそういう人に当てはまるような特徴を並べる。

 

占い師

「他人のこときになるタイプだよね?」

「人前に出るの苦手でしょ?」

 

ってな具合に。

 

んでここでのポイントは

 

大体誰でも当てはまること。

 

が重要なんですよ。

 

「心配性」

「でもときには大胆」

「意見をあまり言えない」

「けど実は持ってる」

 

とかさみんなそうなんだよねw

 

あとは

男女、年齢層、態度、服装

とかでその母集団の中の

「最大公約数的なワード」

を与えてやるんです。

 

 

そうすると

「誰でも当てはまること」を

さらに詳しく提供できるんです。

 

 

僕こんなことばっか考えてるから

性格悪いって言われるんですかねww

 

例えば実際僕が言われた特徴は

 

「寝不足に気をつけなさい」(みんなそうやろw)

「頑固」

「自分を持ってる」

「時に心配性」

「仕事はうまくいく」

「ゆくゆくは人の上に」(年功序列w)

 

 

ってな具合に

僕の態度とか服装、年齢層を考慮して

大体そうかも?って思えることが

多いんですよ。

 

一つだけ気になったのは

 

 

君家庭を壊すよ。

 

 

急な悪口!!!!!!ww

 

 

 

まあこれは置いといて、

僕は全体的にそう感じました。

(ひねくれてるのか)

 

 

でもね、それを求める人がいっぱいいるんです。

 

その日もクリスマスってのに

自分の前後にも人いたし

渋谷に占い館って何店舗もあるんですよ。

 

日本人て

「自己肯定感」

が低い国民て言われていて

 

おそらく社会に出ると

手放しで自分を認めてくれたり

 

「大丈夫」

「うまくいくよ」

 

って他人に言ってもらえることって

少ないんじゃないかな。

 

日本で占いがずっと生き残るのは

こういう一面もあって

 

占いってある種の

 

 

自分の気持ちを聞いてもらえて

安心させてくれる場所

 

 

なのかもしれないなって感じました。

 

なので穿った見方で占いを分析しましたが、

占いは多くの人たちに必要とされているわけで

これからも社会の不安解消法として

あり続けてほしいなと思いました。

(最後良い人ぶる)

 

 

 

みなさんも一度体験してみては?

 

 

 

 

余談ですが、前回の記事最近の中では時間かけ

僕にしては真剣に書いた記事だったんですが

いつもの1/5くらいしか読まれてなくて、

読んでほしい記事と読まれる記事は違うのだなと実感

難しいですね。ちなみにこちら↓(題材の関心度の問題なのかな)

inamasa.hatenablog.com

 

ご意見、ご感想、賛否両論、過大な評価、適度な悪口、頂けると頑張ります。

FBコメでも結構です。

ありがとうございました。